本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

住宅ローンに失敗しないための知識やコツをお伝えしたくて… 住宅ローン選びの大切なポイントをまとめてみました。

繰上返済した際の住宅ローン控除はどうなる?

   

繰り上げ返済した場合の住宅ローン控除について少し説明しましょう。

前回も話したとおり、住宅ローン控除を受けるためには「返済期間が10年以上ある…」という条件が絶対に必要です。

これは、住宅ローンの繰り上げ返済を実施して返済期間が短縮になった後も例外ではありません。

繰上げ後も住宅ローンの最初の返済月から最後の返済月までの期間が10年以上あれば、住宅ローン控除を受け続けることができます。

ただし、ここで注意したいことは、繰り上げ返済で返済期間が短縮されたことで、最初の返済月から最後の返済月までの期間が10年未満になった場合、その時点で住宅ローン控除は終了になってしまうこと…。

72202146cf73aebada4b5a1412601dbc_s

そもそも住宅ローン控除とは、住宅を購入した後の家計負担を軽減してくれる減税制度です。

しかし、現実は最初に組んだ住宅ローンの金利が高いなどの理由で、借り換えを考えている場合が結構多く、借り換え後に今まで控除されていた住宅ローン控除がどうなるのか、不安や心配を抱いている方々が結構いらっしゃいます。

でも、安心してください。

住宅ローン見直し後も条件を満たせば住宅ローン控除を受け続けることができます。

しかし、住宅ローン控除での節税にこだわりすぎてしまうのも失敗してしまいます。

住宅ローン控除ばかりに目が向いてしまうと、逆に繰り上げ返済や低金利での住宅ローン借り換えの方が、総支払額でみるとお得になる可能性があるからです。

コツは住宅ローンを見直すことでどんな利息軽減額があるのかを試算すること。

繰り上げ返済しても住宅ローン控除を受け続けることができるのか、借り換えても大丈夫かを、一度試算を試みることも大切です。

 - 繰り上げ返済 , , , ,