本当に安心な住宅ローンの借り方・返し方

住宅ローンに失敗しないための知識やコツをお伝えしたくて… 住宅ローン選びの大切なポイントをまとめてみました。

マイナス超低金利のこの時期、住宅ローンの繰上げ返済は得か?

      2016/03/17

マイナス超低金利のこの時期、住宅ローン繰上げ返済は得か、損か、少しご説明します。

まずは、目先の資金繰りについてです。

繰上げ返済をすると、確実に、目の前の現金、つまり貯金がなくなってしまいますよね。

繰上げ返済することで住宅ローンの総支払額が少なくなりますが、その結果、一方で「子どもの学費負担が多くのしかかる時期」や「事故や病気で長期入院が必要になった緊急時」に“貯金がない”なんてことにならないように注意が必要です。

6adb9b83ef9f5ebb117aa7e58c5aa761_s

特に考えなければならないのは、一家の主各(あるじ)がいなくなった時のこと…。

もしお父さんが住宅ローンを早く返すために、無理して働き亡くなってしまったり、不慮の事故で亡くなってしまったとしたら、どうでしょう?

住宅ローンには、団体信用生命保険という生命保険が付いています。

つまり、住宅ローンを契約している一家の主が死亡したときには、住宅ローンの残高のすべてが保険で支払われることになるのです。

すべての住宅ローンが保険で支払われます。

このとき、無理な繰上げ返済をしていなければ、家と一緒に現金も手元に残っているハズですし、何より残された家族にとっては、繰上げ返済をしない方が、結果的によかったということになりますよね、変な話ですが…。

そう考えると、無理に繰り上げ返済をするのではなく、ある一定の資金が貯まった段階で繰り上げ返済していくことの方が、無難なのではないでしょうか。

 - 繰り上げ返済 , , , , , , , ,